「素人」とは…

素人とは読んで字の如く素の人のことである!
素とはなにか?それは会意であり、上の部分は垂の略でして撚り合わせる前の糸の事を意味するのです!実は疏、索と同系の意味を有するのですね!これは本当にビックリです!!意義としては次の三項からなり

1、もとの、基となるもの、原材料(の)
2、手を加えていない
3、普通のなどになります!

発音は音読みでは呉音:ス・漢音:ソで、訓読みは:もと、もとよりとなります!
名詞で表現するとこうです!

1、(もと)原材料、あるものを構成するもの、エッセンス。味の素!
2、(ス)正気。素に戻る勉強になりますねえ!

それらが「素」の代表的な意味で、それに人がつくことでその意味は劇的に変わります!なんとあまり慣れていない人・・・玄人の反対語などといった意味合いを持つようになりまったく違った言葉となりうるのです!それが素人!この言葉には更なる深い解釈の仕方が眠っているかもしれない・・・是非みんなでそれを探してみてください!

「素人とは!」

語源は「素」は手の加わってないものの意味を持ちますね!
名詞としては素人

1に、あることにとっても未熟な者、また、そのことを職業とはしていない人の事を指します!
2に、玄人と素人とは棋力を格段に違っているように言う人がおります!

素人の初段とは、玄人の初段とは2・3段違うと言うのです!しかし、自分は思うのですが玄人と素人との力の違いとは、たんに気持ちの問題で一方は将棋が生活の基盤であり、その勝ち敗けが生活に響き、立場を背負うからだと思う!でも、素人だってプロ顔負けの必死な気持ちで研究し対局したならばなかなかに良い勝負になるのだと思います!